米肌の3つの発酵成分と3つの美容成分情報

米肌の3つの発酵成分と3つの美容成分

米肌は自然保湿という新発想から生まれました。
毛穴、シミ、シワ、くすみ、たるみ……。
あらゆる肌悩みの根源は、「乾燥」にあります。
潤いに満たされた肌はキメが整い、ハリや弾力、透明感を取り戻し、毛穴も目立たなくなっていくものです。 米肌は、お米と発酵のチカラ「ライスパワーNo.11」を配合。
老舗の酒蔵とコーセーが長年研究を重ね、最新のテクノロジーを駆使して、日本の恵みを化粧品に応用しました。 日本女性の潤いあふれるすっぴん美肌を応援し、美しく白い肌を目指します。

米肌の3つの発酵エキス

①ライスパワーNo.11
ライスパワーNo.11は、「セラミド」を産生することで、肌自体のバリア機能を高めます。その結果、水分を保つ力も高まり、くすみやたるみ、気になる毛穴をケアします。
「ライスパワーNo.11」の効果をもっと知りたい方はこちら

②大豆発酵エキス
保湿・保護効果に優れており、肌表面の潤いを逃がしません。

③ビフィズス菌発酵エキス
角層細胞の保湿力をサポートする働きに優れています。

「ライスパワーNo.11」が「セラミド」を生み出し、配合成分の「大豆発酵エキス」、「ビフィズス菌発酵エキス」がアミノ酸のネット構造で肌表面を保護、さらに、「NMF」を補います。 この3つの“発酵コンプレックス(発酵複合体)”が肌の潤いに欠かせない重要な部分に働きかけ、くすみやたるみをサポートするのです。

米肌の潤いを取り込む3つの美容成分

グルコシルトレハロースの働き

グリコシルトレハロース
優れた保湿効果を有する「トレハロース」を主成分としています。 高い保湿効果や乾燥から細胞を保護する効果など、さまざまな働きがあります。

グリセリン
他の保湿成分と組み合わせて配合すると、乾燥環境から肌を守る働きが高まります。

乳酸Na
乳酸と同様に、角層細胞内のNMF(天然保湿因子)の主要構成成分です。角層細胞の保湿力をサポート。

米肌の美容成分の働き

潤いを自ら取りこむ 「ライスパワーNo.11」をサポートする美容成分の「グリコシルトレハロース」は、別名“命の糖”、“復活草”と呼ばれ保水力に優れた成分。「乳酸Na」は、角層細胞内の「NMF」の主要構成成分です。この二つの成分は、肌内部の水分だけでなく、空気中の湿度まで“自ら取りこみ”抱えこむ力があります。

このページのtopに戻る

コーセー米肌トライアルセット情報サイトのtopページに戻る

このページでは、乾燥が原因の毛穴の悩み(たるみ毛穴、黒ずみ毛穴)や、しわ、たるみ、くすみ、肌荒れでお悩みの訪問者の方が、コーセー 米肌 肌潤化粧品を安い価格、料金で通販や申込ができるように、楽天などのお店の販売店を調べ、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるかどうか、お試し、トライアルキット、トライアルセットがあるか、ポイントは?値引きは?などの情報を紹介する予定です。公式サイトやブログ、コマーシャル、CMなどを情報源に、口コミ、クチコミ、レビュー、使い方、使用方法、選び方、やり方などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、結果、成果、メリット、デメリットなの情報についても調査していきます。

ポジショントレード